ちょっと重量感があるドライヤーの方が

C777_kuちょっと、重量感があるドライヤーが手にしっくりくるから、私はそれを使います。
軽い方がいいのかな?と最初は思って、いろいろな物を使っていたけど、ドライヤーは、ある程度、重量がある方が使いやすいんです。
髪から少し離して使うにしても、少し重さがある方が、ブルブル振るわせるときでも、手になじんでいい感じなんです。
ドライヤーは、近づけて使うと髪が茶色く変色します。
私は健康な髪質ですが、ドライヤーをなるべく使わないようにしていて、自然乾燥を心掛けています。
それ、ドライヤーは、毎日使ってるだけで、私の髪はなぜか栗色になるからです。
ほんとに栗色になるので、カラーリングもいらないくらいで、そういうときにはよくハーフと間違われました…

だから、あんまり使わなくなったけど、さすがに冬はそういうわけにはいかず、すぐにあてます。
芯まできちんと乾かさないと、やっぱり寒いです。
手ぐしで、髪をすき、持ち上げるようにして、中に中に風を入れています。
その後、髪がふんわりときれいに仕上がり、いつも大満足です。
ドライヤーの熱も、気分を和らげてくれます。
シャンプーのいい香りがして、私はドライヤーはいつも、2~3本は持っています。
一本が火花が出たりして、壊れたらいけないからです。

ドライヤーが故障するときには、とてもわかりやすく、火花が小さいのがパチパチ出るので、ほんとにすぐにわかります。
風と共に、小さい線香花火みたいに、横にパチパチと…たくさん。
これを、一体何回見たことでしょう。
それだけ、ドライヤーを買い、使ってきました…

だから、ヘアドライヤーが流行ったときなんか、クルクル巻くのに、学生時代、私は女子校だったけど、年ごろだったからみんな、隠してでも持ってきたりしてましたし、部活前に使ったりしていて、少しだけクルンとさせるのは、もう当たり前の事で、当時は松田聖子が全盛期だったこともあり、ドライヤーを使わない女子なんか見つけることすら出来なかったですよ。

カール用のヘアドライヤーは、たくさん取り替え部品があり、セットだと6種類とか数も多かったです。
もう、ああいうのは、好きでたくさん使ってて、それを取っ替え引っ替えやり尽くしたから、こんなにまで今落ち着いてるわけですよ。

今頃の人とは比べものにならないくらい、あの当時は学生が忙しくドライヤーを使ってましたね。
昭和歌謡のアイドル全盛期は、ドライヤーはすごい売れ方をしたと思いますよ。男子もみんな使ってましたから。
だから、ドライヤーには楽しい思い出がたくさん詰まってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>