ドライヤーの色々な使い方

C812_subeドライヤーというと通常ですと、髪の毛を乾かすことに使います。
でも、使い方は自由です。いろんな使い方を紹介したいと思います。
その1、服を乾かせる
ドライヤーからは温風がでてきます。この温風を利用して洗濯物を乾かせることができるのです。
もちろん大量の洗濯物を乾かせることには適していません。
今すぐ着て出かけたいけど、まだ湿っている、そんなときドライヤーの出番です。
その2、寒い冬、暖房として使う
冬になると暖房が必要です。エアコンの設定温度を高くすれ部屋は暖かくなります。
石油ストーブ、石油ファンヒーターなどもあります。
でも電気代、石油代がきになるところです。
それで、それらを控えめに使ってドライヤーで寒い冷える部分を補うのです。
私のおすすめはドライヤーで足首を温めることです。
その3、逆掃除機として使う
掃除機はごみを吸い取ってくれます。ドライヤーは空気を吐き出すので掃除機のようには使えません。
でも街中で落ち葉などを巨大なドライヤーで吹き飛ばし、その箇所をきれいにしているのを見たことがないでしょうか?吸うだけが掃除ではないのです。
家の中にもドライヤーでごみやほこりを吹き飛ばしたい箇所があるはずです。
わたしのおすすめは机の上。
机の上には意外とほこりや細かいごみが大量にあります。
それらをドライヤーで一気に吹き飛ばしてきれいにしましょう。
その4、扇風機代わりに使う
ドライヤーは温風だけではありません。スイッチ一つで温風から冷風に切り替えることができるのです。夏場の暑い時期、扇風機がわりにドライヤーをぜひ使ってください。
その5、頭痛の改善するために使う
これはどういうことかというと、いわゆる緊張型頭痛といわれるものは、肩こりからきていることが多いのです。肩がこり血流が悪くなり頭が痛くなるというメカニズムです。
それで、ドライヤーの温風を首筋にあててあげるのです。
すると、あら不思議。頭痛も吹き飛んでいることでしょう。
いろんなドライヤーの使い方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>