必需品のドライヤー

C777_kuribocchisoushinto500-thumb-260xauto-2323私は生まれつきの天然パーマ、くせっ毛になやんでいます。幼い頃は、それこそ可愛いとか言われて全く髪の毛について気にする事はありませんでした。しかし成長するに連れて、自分の天然パーマが収集のつきにくい毛質である事を改めて実感する事になっていったのです。
少し濡れた髪を、そのまま放置しておくと、もの凄いクセが出るのです。それは、もわっとしていてあちこちにぐるんぐるんと向いているのです。ブラシでいくらとかしても、全く治りません。ヘアスプレーを付けても、何の効果もありません。スプレーで水分を軽く与えてから、ドライヤーを使ってブローしてな全くダメなのです。かなり手強いクセを持っているのです。
そこで学んだ事は、お風呂上がりに直ぐにブローしないと、スタイリングは維持出来ないという事でした。少しでも時間が経つと、前髪はパックリ割れて元には絶対戻らないのです。水分を沢山含んでいる間に、素早く櫛とドライヤーを使いブローしない事には、私のくせっ毛は対処する事が出来ないのです。夏場の風呂上がりなど、暑くて少し涼みたいものてすが、次の日に影響するので休む間もなく直ぐにブローを始めます。縮毛矯正をしていた時期もありましたが、かけ過ぎて髪がかなり細くなってしまいました。それ以来、前髪を長く伸ばしてまとめる様にしたりする事で、クセの強さが幾分緩和されていまた。しかし、イメージチェンジもしたいのです。そのためお風呂上がりに間髪入れず櫛とドライヤーでセットするこ事が、私の日課になっています。
最近のドライヤーは、昔と違ってマイナスイオンが発生する機種など様々なタイプが販売さています。
私のお気に入りは、マイナスイオンが発生するドライヤーです。このくせっ毛も、マイナスイオンで潤いが少し与えられている気がするのです。ただでさえ、ごわごわと手触りの良くない髪質なので、少しでもしっとりとした感じが欲しいのです。
発売以来、このドライヤーを愛用しています。