ナノケアのドライヤーと乾かす時の工夫

C777_kot今や家電用品売り場に行けば色々なタイプのドライヤーがあって買うのに迷ってしまう人も多いと思います。私は、どれも乾けば一緒だと思っていたのですが、友達の家に泊まりに良くとパナソニックビューティのナノケアドライヤーを使っていました。
如何な物かと思いながらそのドライヤーを使い乾かしてみると、いつも乾かしている時間より早い時間で乾かす事ができました。そして一番驚いたのが髪の毛がうねらない事です。
今までは髪質やクセだと思って諦めていたのですが、私の髪の毛はドライヤーを使うと変に横に広がったりヘアゴムで縛ってもいないのになぜか左や右にうねってしまい真っ直ぐストレートにはなりません。それが激減されたのです。
デートや遊びに行く日は仕方なくヘアアイロンでストレートにしていたのでもっと早くにナノケアのドライヤーに出会っていれば良かったです。

ドライヤーに1万円以上掛けたくないのが本音ですが、すぐにドライヤーを買い換えました。
買った所の店員さんに聞いたのですが、このナノケアドライヤーは乾かすだけではなく頭皮のケアもしてくれる優れものだそうです。
ドライヤー選びに迷っている方には是非使って欲しいドライヤーです。

そして、乾かす際の一工夫ですが、ドライヤーを使うとドライヤーの熱で髪の毛に負担をかけダメージ与えてしまいます。毎日使うものなのでどうでなら軽減させたいです。

そこで、注目したのがドライヤー前にオイルを付けて熱のダメージから髪を守ることです。ドラックストアやスーパーなど市販でどこでも手に入るオイルです。
やり方は簡単でドライヤーをする前の濡れている髪にオイルを少量を馴染ませるだけです。
その際、注意して欲しいのが根元までオイルを付けない。そしてオイルを付けすぎないという事です。付けすぎるとリンスを洗い流し切れていないのかと思うほど髪の毛がベトベトします。
根元はドライヤーを当てる事が少なく、ダメージをあまり受けていない為に付けなくても大丈夫だそうです。

オイルを使うようになってから、髪はサラサラになり枝毛がほとんどなくなりました。今ではツヤも出てきて自慢の髪です。
茶髪から地毛の黒髪に戻した為にオイルを注目するようになったのですが、黒髪は綺麗な髪の毛を維持する為にとても大事な事なんだと学びました。
自然な色艶、サラサラした質感。
ナノケアドライヤーとオイルでこれからも黒髪美人を目指して行きたいです。

ドライヤーを使うときに気をつけている事

C777_set何年も前に購入した、古いドライヤーを頑張って使っています。このドライヤーには、何も特殊な機能はありません。壊れていないからいいや、という感覚で使っています。とにかく古いドライヤーなので、一瞬、頭皮に近づきすぎただけでも、熱っ!という感じです。疲れていて早く寝たいときなど、時短したくてついつい頭皮や毛先などに近づけて、バサバサと髪の毛を揺らしながら乾かしてしまいますが、古いドライヤーで、欲張って髪の毛に近づけて乾かそうとすると、毛先が縮れて痛んでしまいます。

こうならないために、できる限り、古いドライヤーで乾かすときは、頭皮と毛先から話して、ドライヤーの熱から守る整髪料をつけるようにしています。

家族が最近ぽいイオンドライヤーを持っているので、試しに何度か借りたことがありますが、音の具合がまず、違うのに感動しました。耳に優しくギーンと耳に響いてこないのが最近のドライヤーなんだなって関心しました。

家族が持っているイオンドライヤーは、早く乾かしたくて欲張って、つい頭皮や毛先に近づけて乾かしても、頭皮が熱い!となることもなく、毛先が縮れてしまうということもなく、髪のケア用品を使わなくても痛まないどころか、髪が使ううちにどんどん艶やかになっていくのに、感動しました。

これ、みんなで使おうよ、と提案しましたがあえなく却下されてしまいました。
いい買い物をしたと本人も思っているらしく、家族と共用になって手垢まみれにしたくないようです。
家族と共用したことで、万が一、手元が滑って落とされても嫌だということでした。
使ってみて思ったのは、まぁ、そうだろうな、こんなに性能いいドライヤーだし、と思いました。

ドライヤーを使うときに気をつけていることは、他には、時間帯に気をつけています。大昔に買った古いドライヤーを使うときは、なるべく20時を超えないように気を配っています。
かなり耳障りな音がするためです。

家族のドライヤーを使うときは、清音なので22時でも気兼ねなく使っています。

必需品のドライヤー

C777_kuribocchisoushinto500-thumb-260xauto-2323私は生まれつきの天然パーマ、くせっ毛になやんでいます。幼い頃は、それこそ可愛いとか言われて全く髪の毛について気にする事はありませんでした。しかし成長するに連れて、自分の天然パーマが収集のつきにくい毛質である事を改めて実感する事になっていったのです。
少し濡れた髪を、そのまま放置しておくと、もの凄いクセが出るのです。それは、もわっとしていてあちこちにぐるんぐるんと向いているのです。ブラシでいくらとかしても、全く治りません。ヘアスプレーを付けても、何の効果もありません。スプレーで水分を軽く与えてから、ドライヤーを使ってブローしてな全くダメなのです。かなり手強いクセを持っているのです。
そこで学んだ事は、お風呂上がりに直ぐにブローしないと、スタイリングは維持出来ないという事でした。少しでも時間が経つと、前髪はパックリ割れて元には絶対戻らないのです。水分を沢山含んでいる間に、素早く櫛とドライヤーを使いブローしない事には、私のくせっ毛は対処する事が出来ないのです。夏場の風呂上がりなど、暑くて少し涼みたいものてすが、次の日に影響するので休む間もなく直ぐにブローを始めます。縮毛矯正をしていた時期もありましたが、かけ過ぎて髪がかなり細くなってしまいました。それ以来、前髪を長く伸ばしてまとめる様にしたりする事で、クセの強さが幾分緩和されていまた。しかし、イメージチェンジもしたいのです。そのためお風呂上がりに間髪入れず櫛とドライヤーでセットするこ事が、私の日課になっています。
最近のドライヤーは、昔と違ってマイナスイオンが発生する機種など様々なタイプが販売さています。
私のお気に入りは、マイナスイオンが発生するドライヤーです。このくせっ毛も、マイナスイオンで潤いが少し与えられている気がするのです。ただでさえ、ごわごわと手触りの良くない髪質なので、少しでもしっとりとした感じが欲しいのです。
発売以来、このドライヤーを愛用しています。